【716】 北恵那鉄道26:「混合列車」

北恵那鉄道のシリーズ記事は、2011年の廃線跡の記事(№1~14)から始まり、4年間中断したあと、第2部として車両関係の記事を中心に昨年№15~25まで連載いたしました。また間が空いてしまいましたが、第3部完結編として、廃止前後の思い出話などを中心に再開します。 言い訳になりますが、私は北恵那鉄道とは関係がない者ですので思い違いもありましょうし、記憶が不確かなところもございますので、ご指摘等ございましたらご教示ください。また、記載内容についての問い合わせなどで、現在も路線バス事業者として存続している北恵那交通株式会社様にご迷惑になるような行為は、固く慎んでいただきますようお願いいたします。 以前の北恵那鉄道関係の記事(№1~25)は、パソコン画面ですと右カラムの「ブログテーマ」の「北恵那鉄道」をクリックして記事を抽出できますが、記事を書いてから年月を経ておりますので、廃線跡の状況には変化があると思われますことを、ご承知おきください。 *************************** 北恵那鉄道は、大正時代に木曽川に水力発電用ダムが建設されることによって、従来の木曽川を利用した木材流送ができなくなるために、代替輸送手段として敷設された鉄道でしたから、旅客営業より、貨物営業に重点を置いていたと思われます。しかし電気機関車が北恵那鉄道に登場したのは遅く、名鉄傘下に入ってからの昭和38年です。その電気機関車は電動貨車改造で非力なデキ501であって、本線での貨物列車としての…

続きを読む

ブログ内ラベルリスト