【206】 中山道宿場巡りで見た鉄道風景(2):倉賀野宿~追分宿

鉄道好きなオッサンが鉄道に乗るために、その目的を中山道宿場巡りとして、列車に乗り歩き、撮り歩いただけの内容です。
今回は、倉賀野宿から追分宿までの行程と、そのときに出会った列車の写真などを紹介することにします。
【204】 中山道宿場巡りで見た鉄道風景(1):日本橋~新町宿の続きになります。

******************************

【第3日】
2005年6月17日
12.倉賀野宿~13.高崎宿~14.板鼻宿~15.安中宿~16.松井田宿

今回も1泊の行程でした。
名古屋から東京まで東海道新幹線。山手線で上野へ、高崎線快速アーバンで前回乗り降りした駅を通り過ぎて、倉賀野駅まで行き、倉賀野宿から宿場巡りを始めました。

倉賀野宿は駅から近くですので、すぐ訪問できました。そのあとは高崎宿ですが、高崎は城下町でもありますので、駅を降りて高崎城址を見てから宿場跡へ行き、次の板鼻宿へ向かうことになるのですが、板鼻宿には対応する駅がありません。信越本線の群馬八幡駅とその次駅安中駅の中間あたりが宿場の中心部になるのです。そこで高崎宿のはずれにある下並榎という群馬バスの停留所から、バスで板鼻宿の入口に当たる板鼻下町入口バス停まで移動しました。このあたりから公共交通機関が不便になってきます。次の安中宿までは徒歩にせざるを得ませんでした。安中宿があるのは段丘上で、安中駅は板鼻宿との中間地点の段丘下にありますので、列車に乗ってさらに次の宿場である松井田へ行くには、安中宿から少し戻って安中駅へ戻るかたちになります。列車の本数もここまで来ると少ないので、駅周辺で貨車の入換作業や湘南色の115系を見て楽しみました。
画像
画像

安中駅から次の宿場松井田宿の最寄り駅松井田駅へ移動しました。
乗ったのは107系。
画像

松井田駅から坂を下りて碓氷川の橋を渡って対岸の段丘上に登ると松井田宿です。宿場内を通り抜けて、宿場のはずれに近い隣の西松井田駅から上り列車で高崎へ戻ってこの日の日程は終了でした。

******************************

【第4日】
2005年6月18日
17.坂本宿~18.軽井沢宿~19.沓掛宿~20.追分宿

高崎のビジホを出て、信越本線115系電車で横川駅へ向かいました。この日最初の目的地である坂本宿は横川駅から碓氷峠に向かって2.5キロほど登って行った坂道の途中にある宿場ですので、横川駅から歩いて往復しました。宿場へのバスは1日1本のみの設定らしく利用することは不可能でした。

そして横川へ来ればここは素通りできません。
画像

「碓氷峠鉄道文化むら」です。過去にも来ていますが、廃止された信越本線の線路を使ったトロッコ列車を見るのは初めてでしたので、1往復乗ってみました。
画像


鉄分補給のあとはJRバスで峠を越えて長野県に入り軽井沢へ向かいました。
軽井沢駅前でレンタサイクルを借りて、軽井沢宿、沓掛宿、追分宿を訪れました。自転車の乗り捨てができないので、追分宿から軽井沢への帰りが辛かったです。

これで2日間の日程は終了。帰路は軽井沢駅から長野新幹線で長野へ出ました。
画像
そのあとは篠ノ井線~中央西線をしなの号を利用して帰りました。

今回の中山道&鉄分補給の旅は終わりです(^_^)/~
ここから先の行程は日帰りの連続になり、「【208】 中山道宿場巡りで見た鉄道風景(3):小田井宿~和田宿」へ続きます。

この記事へのコメント

  • くろしお1号

    こんばんは!
     いくら鉄分補給の口実と言っても、立派な街道巡りをされていますね。拝読しながら、どうしても宮脇俊三さんが浮かんで来ます。しなの7号様はいつもご謙遜されていますが、貴ブログを拝読させていただくと、その構成はよく「鉄」と呼ばれる鉄道に関する超細かな知識を「従」として、「主」はその背景となる地理や歴史にあることが、本当によく伝わってきます。その上、宮脇さんにも成し得なかった実際に鉄道を生業とされたことが、更に厚みと深みを加え、今鉄道にある私にとっても、教えていただくことがとても多く、励ましていただいております。
     2年前、紀勢線全通50周年の際に、亀山にお越しいただいていたのですね。当日は、一緒にバンドをしている国鉄OBに誘っていただいて、駅前でささやかに音を出していました。紀伊号のヘッドマーク(レプリカとは思いますが)が販売されていましたが、さすがに手が出ませんでした…
    2011年10月01日 21:17
  • しなの7号

    くろしお1号様 こんばんは。
    いつもご覧いただきありがとうございます。
    また、いつもお褒めのお言葉をいたたくのですが、そんなほめられた内容ではございません。特にこの中山道のシリーズは本文冒頭に書きましたとおり、旅の経路を書き連ね、途中で乗ったり見たりした鉄道に関する写真を掲載しただけの記事になっていますので、サラッとご覧いただければとおもいます。

    私は2年前の9月21日、紀勢線全通50周年の際に、亀山へ参りました。
    キハ181の写真を撮ってから駅前の様子も見てきました。くろしお1号様はバンドのメンバーなんですか!
    残念ながら、私が行った時間は遅かったので演奏を拝聴した記憶がございません。
    しかしながら、紀伊のヘッドマークが駅弁売場のブースに飾ってあったので写真に撮ってきました。弁当も売り切れたあとで1個も置いてありませんでした(T_T)
    2011年10月01日 22:32
  • hmd

    しなの7号さん、おはようございます。
    急に、秋らしい肌寒い日になりました。

    鉄道を使い、効率良く訪問されているご様子ですね (^_^)/
    高崎までは都市化していますので、宿場町の遺構も埋もれたり、現存は少ないでしょうから、此処より先が本格的と言えるでしょうか?
    多少の不便な場所の方が、行くのは大変ですが、宿場町に行った様な気もします。
    横川の文化村にも行かれて、鉄分も補給ですね。実は、入場券売り場の案内係に、「大人◯名乗車~♪」と大声で言われて、恥ずかしかった思い出があります(笑)
    また、参ります (^_^)
    2011年10月02日 08:47
  • しなの7号

    hmd様 おはようございます。
    秋も急に深まっていた感じがいたします。
    過ごしやすくなった代わりに、日没も早くなってしまって、撮り鉄と乗り鉄には有効時間帯が減ってきてしまいましたねえ。

    おっしゃるように、交通不便な地域になってきましたので、今回のように歩いたりする機会が増えますが、そのなかで「鉄」に関係のないことで「気になるモノ」に多く出会います。それは街道風景はもちろんですし、看板類、地元の路線バス、家々の玄関先の牛乳受箱、自動販売機などです。そんなこともあって結果的に歩いたほうが面白いということになり、中山道の徒歩での完全踏破に目標を変更したわけです。
    ただし、このシリーズのブログ記事では基本的にそのときの行程と鉄分中心の内容のみで今後も進めてまいります。そういう「気になったモノ」については別に機会を設けて紹介したいと考えております。

    オッサンがひとりで遊園地の乗り物に乗るのは気恥ずかしいものですが、ここのトロッコは温泉に行く交通機関として大義名分がありますので、そんな言われ方さえされなければ、まあ乗りやすいのですけどねえ(-_-;)
    2011年10月02日 09:26

この記事へのトラックバック

ブログ内ラベルリスト