【232】 中山道宿場巡りで見た鉄道風景(6):中津川宿~太田宿

「中山道宿場巡りで見た鉄道風景」今回から2006年の美濃路部分に入りました。そのときに出会った列車の写真などを紹介することにします。
【230】中山道宿場巡りで見た鉄道風景(5):須原宿~落合宿の続きになります。

****************************



【第16日】
2006年2月11日
45.中津川宿~46.大井宿


一番列車で中津川駅からスタートです。中山道歩きは現在の新道でなく、できるだけ江戸~明治期の旧道を歩きたかったので、いつも地図や案内書のコピーを手にして歩いてきましたが、この区間は子供のころから住んでいたところに近いので、そういう小道具は全く不要で、懐かしい景色の中を歩きました。

途中でなにやら撮り鉄が集合していました。
画像
これだけ集まっていると何だろうと気になりましたので、ちょっと寄り道を。
そういえば冬場に運転されている朝のEF64重連貨物列車の時刻でした。一時間以上歩いてきたので休憩を兼ねて列車を待ちますと…
画像
国鉄色の0番台重連でした。
現在この列車は1000番台重連に引き継がれています。


****************************


【第17日】
2006年2月18日
(深萱)

中山道は大井宿を過ぎてからは3つ先の宿場町の「御嵩」までは鉄道とは縁のない山間部を通っています。
鉄分が少なくなる区間になるだけでなく、バスの並行路線すらないところです。

歩き始める大井宿最寄りの恵那駅は明知鉄道の分岐駅です。
画像

かつての駅名は「大井」でした。
この日は1日の歩行距離と、この先の行程も考慮して恵那駅から次駅の武並駅に最も近い深萱集落との間を中山道経由で歩くだけにとどめました。そのためこの日は大井宿の次の大湫宿までは行かず、その途中までで終わりとして、次の宿場町までたどり着けない唯一のケースとなりました。
武並駅に比較的近い深萱集落で中山道を離れて、武並駅まで、そのまま歩いて帰りの列車に乗りました。


*****************************

【第18日】
2006年2月24日
47.大湫宿


武並駅から徒歩の旅を再開です。
武並駅は当時木造駅舎で、たいへんいい雰囲気を残していました。
画像

現在は取り壊されて簡素な鉄骨の駅舎に変わってしまいました。
ここから前回の中断地点の深萱集落まで歩いてから中山道に入りました。
次の宿場町大湫宿は最寄りの釜戸駅から4㎞ほど山の中に入ったところにあります。公共交通機関は朝夕のコミュニティバスしかないので、この日の帰路は大湫宿から釜戸駅まで山の中の下り道を歩くしかありません。
釜戸駅は以前当ブログで紹介したことがありますが、こちらは大井宿をでてから中山道と分岐して名古屋へ向かう「下街道」沿いにある駅になります。


******************************


【第19日】
2006年3月4日
48.細久手宿~49.御嵩宿


この日は歩行距離が長くなりました。釜戸駅から、大湫宿のはずれまで、4キロの山道を徒歩で登った後、中山道に辿り着き、中山道歩きを再開です。ここから、さらに20キロ近いアップダウンコースです。この区間も公共交通機関が皆無に等しいので、途中で挫折するわけにはいきません。また沿道には食事ができそうな店すら望めない地域でもあります。名鉄電車がある御嵩駅まで何が何でも行かなくてはなりませんでした。
一番列車で出かけ、予定のコースを踏破し、名鉄御嵩駅に着いたのはお昼過ぎでした。
画像

帰路は名鉄で新可児駅まで行き、隣接するJR太多線の可児駅から列車で多治見に出て帰りました。
画像



**************************

【第20日】
2006年3月11日
50.伏見宿~51.太田宿


多治見から太多線、名鉄広見線を経て、前回の中断地点の御嵩駅前からスタートです。
しばらく鉄道と縁が薄い区間でしたが、平野部に入ってきたので近くには鉄道がいくつかあって、中山道歩き中にも鉄分補給ができます。
交差するのは名鉄八百津線の廃線跡です。
画像

画面奥のほうには電柱も残っていました。その手前の鉄橋は取り外されているようです。

途中、高山本線の坂祝駅で休憩しました。
ここではキハ48とキハ85の列車交換が見られました。
画像
このあと名鉄の新鵜沼まで歩いて、帰路は名鉄小牧線で小牧原下車。
画像

ここから、今は亡き新交通システム「桃花台新交通(ピーチライナー)」で桃花台センター。さらに名鉄バス(高蔵寺駅北口行)を乗り継ぐという独自ルートで帰りました。

*************************

この後は【237】中山道宿場巡りで見た鉄道風景(7):鵜沼宿~関ヶ原宿へと進みます。
また、この時利用した新交通システム「桃花台新交通」については ブログ記事【236】桃花台新交通(ピーチライナー) で紹介しています。

この記事へのコメント

  • 京阪快急3000

    こんばんは。
    今年1年、奥の深い記事、楽しませていただきました。
    どうぞ、来年も良いお年をお迎え下さいませ。
    2011年12月31日 21:54
  • しなの7号

    京阪快急3000様 こんばんは。
    こちらこそ、拙ブログへお越しいただきありがとうございました。来年もよろしくお願いします
    2011年12月31日 22:06

この記事へのトラックバック

ブログ内ラベルリスト