【316】 中山道歩きで見たモノいろいろ(3):信用金庫・信用組合(前篇)

2005年から中山道の宿場を訪問しはじめ、全宿場に足跡を残しました。
旧宿場町や旧街道を歩いていると、自動車なら気付かずに通り過ぎてしまうようなチョットしたモノも目に入ります。
ふだんの生活で当たり前にあるものでも、その地方ごとにチョット違っていたりしますし、裏道になり下がった旧中山道には、現在の表通りとも言える国道や、そのバイパス道では見かけられないようなモノが残っていたりするものです。

今回は信用金庫と信用組合にスポットを当ててみましょう。

金融機関は全国にあまたあり、特に「郵便貯金」は郵便局が全国に存在しているので「旅行貯金」と言われ各地の郵便局で、その地を訪れた記念に貯金してくるといったことさえ行われています。
全国規模で存在している郵便局に対して、地域的に営業エリアが限られているのが地方銀行や信用金庫、信用組合です。特に信用金庫、信用組合はそのエリアは小さく、そうした金融機関の看板を見ると、遠くまできたのだという実感がわきます。
中山道沿道や、通りかかったその付近の信用金庫・信用組合の店舗の写真を東から西へ向かってご紹介していきましょう。

****************************

最初は東京都千代田区に本店がある「全東栄信用組合」です。
画像

写真は、その十条支店です。中山道から少し外れていますが、板橋宿を訪問後、十条駅まで歩いたときに通りがかりました。2005年5月27日の撮影です。
なお十条支店は2012年に新装オープンしたとのことで、今は新築の建物で営業しているものと思われます。

****************************

次は東京都豊島区東池袋に本店がある「東京信用金庫」です。
画像

写真は板橋~蕨間にあった志村坂下支店で2009年12月26日の撮影です。

****************************

次は埼玉県川口市に本店がある「川口信用金庫」です。
画像

写真は蕨にある蕨支店で2005年5月27日の撮影です。

****************************

次は埼玉県熊谷市に本店がある「埼玉縣信用金庫」です。
画像

写真は上尾にある上尾支店で2005年5月27日の撮影です。

****************************

次は群馬県藤岡市に本店があった「多野信用金庫」です。
画像

写真は新町にあった新町支店で2005年5月28日の撮影です。
「多野信用金庫」はその後、2007年「ぐんま信用金庫」と共に「かんら信用金庫」に合併され、「しののめ信用金庫」へ名称を変更(本店所在地は旧かんら信金本店所在地であった群馬県富岡市)。多野信金は解散となりました。
この新町支店は現在も、しののめ信用金庫新町支店として存続しています。

****************************

次は群馬県前橋市に本店があった「ぐんま信用金庫」です。
画像

写真は高崎駅から宿場までの途中にあった高崎中央支店で2005年6月17日の撮影です。
「ぐんま信用金庫」は前述の「多野信用金庫」と共に2007年に「かんら信用金庫」に合併され、「しののめ信用金庫」へ名称を変更(本店所在地は旧かんら信金本店所在地であった群馬県富岡市)。ぐんま信金は解散となりました。
この高崎中央支店は廃止されたらしく、現在この場所に「しののめ信用金庫」の支店はありません。

**************************

次は群馬県高崎市に本店がある「かみつけ信用組合」です。
画像

写真は高崎にある「本店」で、2005年6月17日の撮影です。

**************************

次は群馬県高崎市に本店がある「高崎信用金庫」です。
画像

写真は高崎市内にある本店営業部 田町出張所で、2005年6月17日の撮影です。

**************************

関東圏で見かけた信用金庫・信用組合をご紹介してみました。
犬も歩けば…信用金庫にあたる?
街道には歴史的なモノ以外にも価値がないながらも、それでいて見て楽しめるモノがたくさんあります。
このシリーズ、来週(木曜日)に続きます。

(このシリーズ記事中の写真には、一部旧中山道そのものではなく、その近傍で撮影したものも含んでいます。)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

ブログ内ラベルリスト