【449】 変なコレクション4(マッチ箱 名古屋駅西編)

私が国鉄に在籍した約11年間のうち、名古屋駅の新幹線高架下にあった車掌区で就職直後の荷扱3年間と車掌・専務車掌で退職前6年間、合計約9年間を過ごしました。
高架下は2階建で、1階部分が商店街、2階が車掌区でした。商店街には喫茶店や飲食店などが入店していましたが、駅のコンコースからは離れていたので、商店街の客は車掌区を始めとする国鉄職員や関係者たちが多く、旅行客などは多くはありませんでした。
今回は、その商店街のほか周辺にあった喫茶店のマッチ箱を集めてみました。すべて昭和時代のものです。

画像
ここには、めったに行ったことはありませんでした。車掌区で、この鉄分が多い?マッチ箱を持っていた人がいたことから、マッチ箱欲しさに行っただけでした。


画像
車掌区への通用口の角に位置するこの喫茶店は、車掌区の一部のような様相を呈していました。車掌区への来客があった場合の出前もここでした。
たとえば、用事がある日にどうしても年休が出ない場合、他の人と勤務を変わってもらったときなどの職員相互間での「お礼の印」も、ここのコーヒーチケット1~2枚が「相場」になっていました。

画像

そういえば、車掌区があった名古屋駅西口近くには中村警察署があります。私が国鉄を退職後20年以上経ってからのこと、たまたま仕事で愛知県警のOBの方と話す機会がありました。雑談の中で、その方は昔、中村警察署に長く勤めていたとのこと。私も20年くらい前に車掌区にいたことを話すと、、ここに出てくる昔の喫茶店や飲食店のことが話題になり親近感が湧いてきました。さらに話していると、車掌区なら「○○助役って知ってる?」と、私もよく知っている助役氏の名前も出てきました。なんでも、その助役氏は車掌区では、乗客からの遺失物や拾得物を扱っていたようで、よく中村警察署へ届け出に出向いて行っていたので顔馴染みとのことでした。20年も経っていたのに、世間は狭いなあと思ったことです。

画像
ここの車掌区は規模が大きくて、時期による移り変わりはありますが、400人程度の職員が従事していました。モリカワ1店舗だけでは収容しきれないほどの需要があって、高架下を離れて、道路を挟んだすぐ向かい側にあったのが、この店でした。主に荷扱関係の若手が集まっていました。
画像

こちらも同じ店ですが、なにぶんにも長期間在籍していると、マッチ箱のデザインも変わってきました。

下の例など、同じ喫茶店ながら、在職中に4回も色が変わりました。
画像
画像
画像
画像

ここは、車掌区から少し離れていましたが、車掌班のたまり場でした。同じ車掌区でも車掌になると荷扱のころには寄り付かなかった店に通うことにもなって、それは交友関係も変わってくるということでもありました。

商店街も車掌区も今は移転し、高架下は昔の面影がなくなりました。天井から聞こえる新幹線の音だけが変わらないように思えます。

この記事へのコメント

  • 北恵那デ2

    おはようございます。喫茶ひかりの鉄分たっぷりマッチはいいですね。これはD51825号機と読み取れますし、集煙装置を付けているようなので中央西線ですね。この825号機は浜松工場製で名古屋機関区在籍当時、塩尻までのロングラン急行列車牽引時に好調機と評されたカマだそうです。中津川機関区に転籍後は短命で、3年ほどで用途廃止になってしまいましたので、私は廃車体状態でしかお目にかかってません。好調機ならば全般検査を受けて、もう4年間動いて欲しかったのですが。
    2014年01月16日 07:50
  • ★乗物酔いした元車掌

    ★「JOY」は、思い出深いです。
    その上にあるビルで仕事をしている時、
    なんどか、お世話になりましたが、
    確かもう、撤退したはずです。
    そのほかでは、やまかわとか、
    名前は忘れましたが、
    中華料理屋さん、
    お好み焼屋さんとかを
    思い出しますね。
    2014年01月16日 08:29
  • しなの7号

    北恵那デ2様 おはようございます。
    喫茶ひかりのD51は中央西線での撮影らしいことは想像がつきますね。
    825号機は、「D51と中央西線」という写真集にやたらと登場していたのを不思議に思ったものでした。好調だったからこそ、活躍の機会が多く写真に撮られているのかもしれませんね。重油タンク付でした。
    2014年01月16日 09:22
  • しなの7号

    乗物酔いした元車掌様
    中村署OB氏との会話でも、その飲食店の話が出たのは言うまでもありません。
    職員割引?してくれていたガード下の理髪店に、国鉄退職後もしばらく通っていましたが、引き続き割引価格でした。
    2014年01月16日 09:24
  • C58364

    こんにちは。
    休暇が取れなくて同僚に勤務を代わってもらう時は、「次の飲み会でビールを1杯多く注ぐので頼むわ」と言ってお願いしましたが実際はコーヒーを奢りました。
    西口の国鉄会館には鉄道関係の古本やグッズを買いに何度も行きましたが、近くで入った喫茶店は客の出入りが激しくてゆっくりできず都会の店は好きになれませんね。
    2014年01月16日 16:56
  • しなの7号

    C58364様 こんにちは。
    国鉄会館で思い出しましたが、国鉄から転職した翌年だったか、社用車で出張に出た帰路に、路上駐車をして国鉄会館近くの喫茶店に立ち寄りまして、その喫茶店から出たら、私が止めておいた自動車のすぐ前の自動車が駐禁でレッカー移動されている最中でした。私が乗ってきた社用車のタイヤには白いチョークの目印がありましたが、まだ駐車監視員制度ができる前だったこともあり、危機一髪セーフだったことがありました。
    なお本文に出てくる中村署OBの方の話は、この件とは全く関係ありませんので念のため。
    2014年01月16日 17:22
  • 北恵那デ2

    こんばんは。話がずれついでですが(またですかの声あり)、写真集「D51と中央西線」に結構写真を掲載されてみえるK氏とつい数日前にお話しする機会を得ました。昭和35年ころから撮影を始めているとのことで、もちろん集煙装置が付く前のD51も多数写してみえます。825号機はドームの後ろに重油タンク付きでしたが、名古屋区は重油併燃をやってましたのでD51もそうですが、C57にも重油タンク付きが多かったですね。真夏の煙が見えにくいシーズンでも撮影者がいると、重油バーナー全開にして黒煙を出してくれたとかいう話もありましたね。
    2014年01月16日 21:22
  • なはっ子

    懐かしい昭和のテレビの、画面静止コマーシャルを見るような気分でコレクションを拝見しました。

    ガード下ではありませんが、東京駅丸の内北口にはつい5-6年前まで、構内食堂「ミカサ」がありました。正月の箱根駅伝ゴールの応援前に立ち寄ったりしていましたが、改修工事のため閉店してしまいました。もっと頻繁に行っていればと後悔しています。
    2014年01月16日 23:33
  • しなの7号

    北恵那デ2様 こんにちは。
    その道の大御所とお話しできたとは得難い機会でしたね。
    昨日も写真集にあった古い写真からすっかり変わった沿線沿いをウォーキングしてきたところです。
    重油併燃だとそういう技?が使えるわけですね。それと同時に機関士さんの仕事に対する誇りが、ファンサービスにつながっていたのでしょう。
    2014年01月17日 10:59
  • しなの7号

    なはっ子様 こんにちは。
    セントラルタワーズができる前の名古屋駅舎内には「みかど食堂」がありました。乗務で名古屋泊まりの時に朝食を食べに行ったことがありました。車掌区がある駅裏からは遠かったのでお世話になったことはそれほど多くありませんでしたが、職員割引もありました。
    2014年01月17日 11:00

この記事へのトラックバック

ブログ内ラベルリスト