【462】 中山道歩きで見たモノいろいろ(25):看板や掲示(後篇)

2005年から中山道の宿場を訪問しはじめ、全宿場に足跡を残しました。
旧宿場町や旧街道を歩いていると、自動車なら気付かずに通り過ぎてしまうようなチョットしたモノも目に入ります。
ふだんの生活で当たり前にあるものでも、その地方ごとにチョット違っていたりしますし、裏道になり下がった旧中山道には、現在の表通りとも言える国道や、そのバイパス道では見かけられないようなモノが残っていたりするものです。

今回も気になった看板や掲示にスポットを当ててみましょう。

****************************

どうでもいいですが、「美しい町、美しい心」でありたいもの。
画像

「うつくくしく」なくてもいいような気はしますが…
伊勢の国は「美し国(うましくに)」という読み方もあったんで、「うまくしい」か?
まさか「びくしい」と読む新しい読み方か?
こんなこと言ってる時点で「美しい心」ではありませんな。
加納宿~河渡宿で2006年4月15日撮影。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

中山道はほんとうに山道が多いです。
画像

主役は野生動物で、人間などちょっと通らせてもらっているだけです。
まむしさんもお住まいなのでしょう。
太田宿~鵜沼宿で2006年3月11日撮影。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さらに奥深いところでは、くまさんの縄張りです。
画像

鐘を鳴らしてご挨拶してからおじゃまします。
鳥居峠(奈良井宿~藪原宿)で2005年9月29日撮影。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

中山道を通行する旅人に襲いかかるのは、なにも野生動物だけではないのです。
画像

今須宿~柏原宿で2006年6月1日撮影。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

画像

滋賀県に入ったら、この手↑の看板続出。私のように変な写真撮ってると、「みんな見てるぞ知ってるぞ。Hマンはオマエだろ?」と通報されそうですので、今回はこのへんでやめにします。
醒ヶ井宿~番場宿で2006年6月1日撮影。

****************************

犬も歩けば…看板にあたる?

街道には歴史的なモノ以外にも価値がないながらも、それでいて見て楽しめるモノがたくさんあります。
このシリーズ、来週(木曜日)に続きます。

(このシリーズ記事中の写真には、一部旧中山道そのものではなく、その近傍で撮影したものも含んでいます。)

この記事へのコメント

  • やくも3号

    こんにちは。
    私の住まいは古い都のあった静かな町で、たいへん気に入っているのですが、先日電車を降りた改札の横に『ひったくり多発 京都府警察』という大きなポスターが貼られました。
    「気を付けなければ」と気を引き締めたのですが、その反面、初めてこの駅に降り立った人には「危険な街だな」という印象を与えていないか心配になりました。
    写真の街も決して『Hな人だらけの街』ではないと思いますが、注意喚起の看板はなかなか難しいものがありますね。
    2014年02月27日 16:21
  • しなの7号

    やくも3号様 こんばんは。
    旅先の多くの駅前で、この手の犯罪防止の注意喚起の看板を見かけますから、大丈夫ですよ。

    「チカンすぐに110番」加古川線市場駅前
    「不審者出没注意」北陸本線王子保駅前

    いずれも職場のオッサン3人旅で見つけ、不審なオッサンたちはそこで記念撮影しました。いかにも不審なオッサンたちなので公開は自粛しときます(^_^)/
    2014年02月27日 19:26

この記事へのトラックバック

ブログ内ラベルリスト