【717】 「垂井線」(前篇)

JR東海道本線で、大垣から米原に向かう途中、垂井駅を経由せずに関ヶ原までもっぱら下りの特急列車と貨物列車が走る別線があるのをご存知の方は多いと思います。
下の画像は、単線のように見える別線を走る国鉄時代の貨物列車です。この線には上り列車は走りません。
画像

この別線は戦時中に急勾配緩和策として建設されました。大垣を出た下り定期普通列車は、しばらく走ったあとに、南荒尾信号場で、この別線と分かれます。定期普通列車は下りも上りも垂井駅を経由してしまいますので、通常は「下りの特急」でないとこの別線には乗れません。乗り鉄をされる方ですと乗りにくい区間です。
画像
上の画像は、国鉄末期に出版された交通公社版時刻表索引地図からの引用です。別線上には新垂井駅があったこともわかります。

次に、南荒尾信号場~垂井(新垂井)~関ヶ原間の線路配線の簡略図を作ってみたのでご覧ください。
この図は、配線を忠実に写し取ったものではありません。ご理解いただくのに不必要な線は省略してあります。
画像

上の図では、左が大垣方面、右が米原方面になります。今回問題とする下り方面に関係しない「東海道上り本線」は青色で描いてあります。
大垣から来た列車は南荒尾信号場で、灰色線で描いた「美濃赤坂線」と、下り特急や貨物列車が走る緑色の「東海道下り本線」、下り普通列車が走る赤色の「垂井線」の3方向に振り分けられます。

この図でお分かりかと思いますが、ここまで別線と表記して、緑色で描いた旧新垂井経由の線路こそが、実は運転取扱上、国鉄時代から正式な「東海道下り本線」になっています。ですから、垂井駅を通るのは、「東海道上り本線」と、一見複線区間のように見える通称「垂井線」なのです。垂井駅を通らない方の下りの別線が、支線だと考えられる方もあろうかと思いますが、運転上はそうではないのです。その「垂井線」は東海道本線の支線という位置付けになっていて、東海道本線の上下線が離れた部分に「東海道上り本線」と並行した別の支線があるという考え方をするとわかりやすいかもしれません。
画像

画像は国鉄時代の「垂井線」のダイヤグラムで、正午前後の時間帯を抜粋したものです。(中央右寄りの太い縦実線が正午)
日中ですが、垂井線には1時間に1本程度の下り旅客列車しか運転されていません。下りの特急と貨物列車は、離れたところを通る「東海道下り本線」を走りますし、上り列車は、一見複線のように並行している「東海道上り本線」を通りますから、この「垂井線」のダイヤには上り列車が1本も登場していないのです。このことからも「垂井線」のほうが「別線扱い」であるのがご納得いただけますでしょう。当然のことですが、この時間帯に運転されていたはずなのにダイヤグラムに記載されていない普通列車以外の東海道下り列車と、すべての東海道上り列車は、東海道本線のダイヤグラムのほうに記載されているのです。

本線ではなく貨物列車も走らない「垂井線」の線路規格は低くなっています。そのため大垣から米原行下り普通列車に乗って、南荒尾信号場から「垂井線」に入ると関ヶ原まで振動が大きくなり、線路のつなぎ目がガタンガタンとうるさく、しかも速度が遅くなりローカル線に入ったような乗り心地になります。くどいですがそれは下りの定期普通列車に限った話です。
「垂井線」には下り普通列車しか走らないかというと、ごく一部に乗り心地の良くない垂井線経由の上り普通列車が存在します。そんな話も交えて、この続きは次週にアップします。


この記事へのコメント

  • NAO

    おはようございます。
    そうか、考えたら東海道下り大垣-関ヶ原間は青春18では乗れないのですね。名古屋以西でしか乗ることがなかった大阪しなのでは何度も通りましたが。
    関ヶ原手前、立体交差になっているところは、かつての東海道名列車の写真がたくさん撮られたところではなかったでしょうか。今は道路が割り込んで景色も変わってしまいましたね。
    乗り心地のよくない上り列車、地元初発普通列車を米原で乗り継いで営業に数回行ったときに見たことがあります。時間に余裕があったので乗っとけばよかった.....。
    それはそうと、地図の内容もだいぶ変わっていますね。あれから西岐阜新設、穂積が市代表駅、ムカデの尻尾のような名鉄路線が無くなり、あと、羽島市役所前から大須までの線が無くなっているのは今になって知りました。現在、九頭竜ダムへは路線バスでは行けないのかな。
    2016年08月29日 07:00
  • しなの7号

    NAO様 おはようございます。
    JR間の乗り入れが少なくなる中、旧新垂井経由の下り本線は将来的には貨物専用線になってしまうかもしれないですね。
    その昔に関ケ原手前の立体交差のところへ撮り鉄に行ったことがありましたが、景色も来る列車も変わって、行きたいとは思わなくなりました。
    今どきは「乗り心地のよくない上り列車」には、時間的になかなか乗車しにくいダイヤですが、その話は来週させていただきます。
    時刻表索引地図も様変わりですね。国鉄樽見線がすでに樽見鉄道に移管されていて、終点はまだ神海だったりします。
    2016年08月29日 08:16
  • やくも3号

    しなの7号様 こんばんは。
    先日私が「知りたいこと」としてリクエストしたのを記事にしてくださったのですね。本当にありがとうございます。
    小学生のころから時刻表地図で動脈と静脈のように見える二本の線が気になっており、東海道線の全駅を東京から順番に暗唱するときも新垂井駅と垂井駅はどちらを言えばいいのか迷ったこともありました。結局大人になっても現地に降り立ったことがなく、「美濃赤坂線がなぜ東海道線なのか??」ということと並んで常に興味はありました。
    新垂井駅は廃止される際にも地元での反対運動もなく消えたようですね。もうPCで’しんたるい’と入力しても変換されません。
    次回も楽しみにしております。
    2016年08月29日 19:10
  • 中央西線

    新垂井駅があった頃は垂井線に関ヶ原まで美濃赤坂線と共通運用でスカイブルーの旧国が走っていたんですよね。
    2016年08月29日 19:28
  • ヒデヨシ

    しなの7号様こんばんは
    垂井を通る下り線(垂井線)を電車で通過すると直線ながらかなりの長い距離を登っていくのが実感されますね
    当然蒸機牽引の列車ではきつかったろうと思います。
    そうそう、垂井線は線路規格が低いですね
    大垣から垂井を通り関ヶ原に着いた列車は構内配線から上り線側へ出れないので
    垂井線を逆行(一見)して大垣に戻ることになります。
    新垂井は急行比叡&エメラルド愛用者ですので何度も通過しましたが降り立つことはありませんでした。
    新垂井は列車待避が出きる配線なのが設備過剰のような気がします。
    大垣はローカルながら各方向から線路が集まる要地ですね。
    関係ないですが荒尾-南荒尾との並び
    鹿児島本線荒尾-南荒尾をよく使った身からしたら笑えてきます。
    2016年08月29日 19:45
  • しなの7号

    やくも3号様 こんばんは。
    遅くなりまして申し訳ありませんでした。一連の連載が終わったのでアップしました。こういうことは、案外中途半端に知っている場合が多く、私の場合も、国鉄職員だった父が、「新垂井の方が東海道線で、垂井のほうは垂井線やぞ。」という半分間違った知識を小学生のころに授かって、そう思い込んでいた時期がありました。
    いったん離れて、また合流する線には、興味がわくものですね。私も新垂井駅を乗客として利用したことはありません。乗務中にホームに降りたことと、自動車で立寄ったことはあります。
    2016年08月29日 21:12
  • しなの7号

    中央西線様
    そのうちの1両が低屋根化されてクモハ40800になって神領で牽引車代用をしてましたね。
    2016年08月29日 21:13
  • しなの7号

    ヒデヨシ様 こんばんは。
    垂井~関ケ原間では、線路端の田んぼと田んぼの間の畦の高さ(段差)で勾配を登っていることが実感できますね。そして今どきの幹線はロングレールが多いですから、ジョイント音を聞くとよけいに線路規格の低さを感じます。
    垂井線の上り列車については、来週画像を交えて本文で語ることにします。
    私は18乞食ですから、分割民営化後は「しらさぎ」に乗って北陸に行った時くらいしか、東海下り本線経由では乗ってないですね。貨物列車に乗務しているころは、いつも最後部でこの区間の線形を見て楽しんでました。旅客列車に乗るようになってからは、夜間の新垂井経由米原行の普通列車を担当しましたが、新垂井なんかで抑止なんてあったら、嫌だなあと思ってました。
    2016年08月29日 21:15
  • 門鉄局

    しなの7号様、こんにちは。
    私も東海道本線と垂井線の関係は中途半端な知識のままでしたが長年の疑問が氷解しました。新垂井駅もなくなってしまいましたね。古くは特急「金星」大阪「しなの」や急行「比叡」で何度も通過しているはずですが、何も覚えていません。この地区の変化は驚くばかりで樽見線が三セクに転換したのを皮切りに名鉄の大合理化で揖斐・谷汲線は廃止、近鉄養老線は養老鉄道になっています。当初好調と伝えられた樽見鉄道にしても頼みの綱だったセメント輸送がなくなり厳しい状況だと思います。未乗の赤坂線を含めて訪れたいのですがいつになることやら。
     前回の北恵那鉄道で私のしょうもない妄想にお付き合いくださった管理人様・北恵那デ2様ありがとうございました。
    7年間名古屋市に在住していて「しゃーないな」はよく言っていたので懐かしいです。父親が転勤族だったので九州・中京・関西の言葉が混じるバイリンガル(笑)ですが、外国語は全くしゃべれません。
    垂井線の次回も期待しています。
    2016年08月30日 12:34
  • しなの7号

    門鉄局様 こんにちは。
    国鉄分割民営化から30年近く過ぎると、国鉄以外の鉄道もずいぶん変化するもので、アップした時刻表の索引地図には出てきませんが、このエリアには貨物専業の西濃鉄道もありますね。ここも30年前より営業キロは減って一部廃止されていますし、近江長岡からの住友大阪セメント伊吹工場専用線などもあってバラエティ豊かでした。岐阜の路面電車から貨物専用線までいろんなジャンルの魅力的な鉄軌道が集まっていた地域であったことを改めて思い知らされます。
    就職して名古屋に出たら、職場には名古屋弁が飛び交うのはもちろんですが、三河・伊勢・東濃・近江まで通勤圏が広がっていて、いろんな方言を覚えました。
    2016年08月30日 14:08
  • 北恵那デ2

    おはようございます。こういうふうに解説頂きますと「垂井線」についてよく分かります。下り本線が立体交差で乗り越すあたりは、若い頃に車で撮影に出かけました。ノーマルタイヤで行きましたが、有名な関ヶ原に近いため道路上は一面の雪でした。よくまあ事故らずに済んだものだと、思い出すだけで未だに冷や汗が出ます。多分そのあたりの景色が変わってしまったということなのでしょうが、残念です。新垂井駅も利用することができなくなってしまいましたが、行っておけば良かったのにと思うところがどんどん増えてしまいます。ところで西濃鉄道は、10年くらい前に廃線跡散策をしてきましたが、全盛期に見たかったという思いがつのりました。後悔先に立たずの繰り返しです。
    2016年08月31日 07:45
  • しなの7号

    北恵那デ2様 おはようございます。
    ずいぶん厳しい季節に撮影に出向かれたのですね。昨冬の積雪は異常に少なかったですが、乗務していると大垣~垂井~関ケ原で、一気に天候と積雪量が変わるのがよくわかりました。上下本線が立体交差するところと鉄橋の間の築堤をぶち抜いて国道のバイパス道ができました。
    私も中山道歩きをしていたとき、西濃鉄道昼飯線の手動踏切跡の錆び付いたレールを横切ったのが、やはり10年前でした。そのときも昼飯線で行われていた推進運転の列車が健在のうちに見たかったと思いました。
    2016年08月31日 08:17
  • 鉄子おばさん

    お疲れ様です。新垂井経由の新線についてはうっすら記憶があったので若い頃に勉強したノートを引っ張り出すと書いてありました。新線は昭和19年10月11日に開通したのですね。
    2016年09月01日 07:08
  • しなの7号

    鉄子おばさん様 おはようございます。
    戦時中の開通ですね。いかにも鉄道が物資優先の国策であり兵器であった時代だなあと思います。旧下り本線(現垂井線)のレールは、たぶん直ちにはがされ、御殿場線が単線化されたように供出されたのでしょう。無言のままに戦争を伝える遺跡区間とでも言えるかもしれません。
    2016年09月01日 07:52
  • 急行由布

    久しぶりに書きます、今は無き新垂井駅は昭和50年代半ばにトラベルミステリー作家西村京太郎氏が「ミステリー列車が消えた」の作品を読んで駅の実態がわかりました、国鉄時代に駅廃止になる前に一度利用しましたが周りに何もない駅で長時間乗る列車を待った思い出が有ります。
    2016年09月10日 19:16
  • しなの7号

    急行由布様
    私は自動車で立寄ったことがありますが、列車で新垂井駅を利用したことがありません。せめて垂井駅との間をウォーキングコースとして歩いてみたいと思います。
    2016年09月10日 19:40
  • しげぞう@

    しなの7号様 こんばんは。
    久し振り、ご無沙汰してました。
    個人的な事ですが、転勤があり、少し生活のリズムが変わったため、中々お邪魔出来ずにいました_(._.)_
    垂井線の思い出といえば、まだ列車本数が少ない頃の名古屋駅の時刻表に、垂井線経由と書かれた列車があったことを思い出しました。
    またこれからも宜しくお願い致します_(._.)_
    2016年10月25日 02:41
  • しなの7号

    しげぞう@様 おはようございます。忘れずにいていただきありがとうございます(^^)
    私も国鉄退職後には転勤が多い仕事に就いていました。仕事によっては1年サイクルの仕事もあって、転勤後2年目以降でないと鉄道旅に行く余裕が生まれないといったこともよくありました。
    「垂井線経由」という表示に見覚えがあるというのは、国鉄時代の東海道本線を生でご覧になった方だけの記憶ですね。
    2016年10月25日 08:20

この記事へのトラックバック

ブログ内ラベルリスト