【710】 日本酒ラベル:プロ野球

日本酒とプロ野球…あまり結びつきを感じませんが、とにかくあるのです。
常に発売しているものは少ないと思います。やはりシーズン中で、それも優勝戦線にあるような状況があったりすると、意外なところで意外な酒を入手することができたりします。
ただし、今回ご紹介するのは、そのほとんどが時代がかったモノばかりです。

西武ライオンズ
おなじみのレオです。
画像



近鉄バファローズ
なつかしい猛牛
画像


西武・近鉄と、いずれも鉄道系の球団ですね。西武ライオンズは、その昔は西鉄ライオンズでした。鉄道系の球団は、この西武のほか阪神タイガースが健在ですが、東急フライヤーズ、阪急ブレーブス、国鉄スワローズもありました。国鉄は民間企業ではなかったので、直接のオーナーになれなかったため、国鉄関連事業者の出資で設立された球団みたいです。現在も「スワローズ」の球団名だけは健在ですね。

中日ドラゴンズ
画像

中日ドラゴンズのラベルは、このほか以前に【91】日本酒と中日ドラゴンズでラベルをいくつかご紹介しています。

中日ドラゴンズに関する日本酒ラベルには、こんなものもありました。
星野仙一が選手時代を過ごした中日で、監督を務めていたころのラベルです。
画像


このあと星野は阪神の監督に就任しました。
画像


阪神タイガースのラベルには複数出会いました。
画像

画像

お目当ての球団が出なかったかもしれません。ごめんなさい

この記事へのコメント

  • NAO

    おはようございます。
    そういえば南海ホークスもありましたね。今はなんばシティになった球場へ一度だけ試合を観に行ったことがあります。
    阪神タイガースの酒蔵さんは「はくたか」。これも鉄を思い出します。今は近鉄と相互乗り入れしていますが、バッファローズが現存していて日本シリーズでかち合ったら鉄道の現場や野球ファンはどんなことになっていたのでしょうか。
    2016年08月04日 07:55
  • しなの7号

    NAO様 こんにちは。
    ああ、そうでした。南海を漏らしました(^^;)
    こうしてみると鉄道系はパ・リーグに多いですね。
    南海は鉄道も球団も、ほとんど縁がなくて、既乗区間は、ごく一部のみです。ここに出てくるそのほかの私鉄も、ほとんど未乗です。
    「白鷹」と言えば、長井線の終点「荒砥」を「白鷹」と改称したらいいと書いていた某旅行作家がおられましたね。日本酒を想起させるからなおいいとも。
    セ・パ交流戦がありますけど、あれも一種の相互乗り入れと言えるのでしょうか。
    2016年08月04日 11:22
  • やくも3号

    一昨日はむさ苦しいところへありがとうございました。

    私の教え子で、野球をやっていて150km/h近くを投げるのがいます。先日、某鉄道系プロ球団からお声掛けをいただいたようで私を含め周囲は少し期待していましたが、本人はいたって堅実な職業がよいようで、先週鉄道会社に内定しました。選手ではなく運転手さんをめざすのだと言っています。
    2016年08月04日 12:09
  • しなの7号

    やくも3号様 こんにちは。
    お邪魔いたしました

    まったく逆の話で、映画RAILWAYS第一作では、49歳で転職し電車の運転士を目指した主人公と一緒に入社した若者は、肩をこわしてプロ野球選手をあきらめざるを得なくなってシブシブ鉄道会社に就職したという設定でした。
    2016年08月04日 13:34
  • ヒデヨシ

    しなの7号様こんばんは
    おそらくお酒の話にはならずに大方球団の話になるのでしょうか?
    コメントにもありますが南海ホークス、もれていましたね。
    大阪球場は都会のど真ん中にあってかなり驚きます。
    都市対抗野球で国鉄名古屋の応援で入ったことがあります。
    同じ駅の職員が名鉄局吹奏楽団の団員でして楽器パートが足りないので駆り出されました。
    中高と吹奏楽部でしたので

    因みにバッファローズ球団旗のシンボルは岡本太郎氏のデザインですね
    関係ないですがうちの会社のとなり
    久國寺には岡本太郎氏デザインの梵鐘があります(もちろんトゲトゲ)
    そして阪神球団旗は国鉄旗のデザインとそっくりw
    関東の人は阪神球団のイメージで阪神鉄道は大私鉄と思っている方が多いそうです。
    2016年08月05日 00:10
  • しなの7号

    ヒデヨシ様 おはようございます。
    南海を書き洩らしても、国鉄スワローズは決して忘れない管理人の心情?が露呈してますね!(^^)!

    都市対抗野球にも国鉄名古屋がありましたね。職場にも野球部があったし。私が所属していた職場では、国労組合員の切り崩しが野球部から始まったという変なことを今、思い出してしまいました(ノД`)・゜・。
    バファローズの球団旗、久國寺の件、いずれも初耳です。いつも思いますが知識豊富ですね。そういう知識が私にもあると、乗り鉄(車窓鉄)に奥深さが加わるんですが。

    国鉄旗をデザインしたオレンジカード
    【11】さようなら日本国有鉄道
    https://shinano7gou.seesaa.net/article/201005article_12.html
    で、アップしています。あれから30年なのですね…

    鉄道会社のネームバリューというと、不動産業を主体とする和歌山県の某私鉄を思い浮かべますね。
    2016年08月05日 08:03
  • バファローズのラベルが牛丼弁当に見える やくも3号

    中央西線と聞いて思い浮かぶ国鉄型車両で打線組んだ

    1 (遊) キハ58系
    2 (DH) キハ91系
    3 (三) キハ181系
    4 (一) 381系
    5 (左) 165系
    6 (二) 80系
    7 (中) 115系
    8 (右) 70系
    9 (捕) 12系
    先 D50
    中 D51 DD51 EF65
    抑 EF64
    代走 373系

    始球式は清純アイドルの ヨ8404
    2016年08月05日 15:47
  • 門鉄局

    こんにちは、しなの7号様。
    野球球団、関西大手私鉄は4社がオーナーでしたね。
    京阪電鉄にも話があったようですが、当時の社長が儲からない事業に手を出さないということで賢明な判断だったかも。
    人気がなんぼの商売で、別格の阪神以外撤退しているのは時代の流れで寂しい限りです。
    昭和50年代になって西武がオーナーになった時は驚きましたが、埼玉の親戚を訪ねたとき西武鉄道の電車が綺麗なのと国鉄と同じDT21なのに乗り心地良いのにびっくりしました。
    2016年08月05日 16:52
  • しなの7号

    中央西線チーム監督? やくも3号様
    381系はファーストで4番ですか(*'▽')
    2番3番打者に故障が多いところがネックですね。故障の場合に4番までつながるか多少不安。キハ55あたりを代わりに起用するとかなりの戦力ダウン。
    113系も代打で登場させてあげましょうか。国鉄時代の中央西線は他球団からの使い古しの移籍者が多かったですからチークワークがイマイチのようでした(;^ω^) 
    D50と12系のバッテリーはアヤシイ組み合わせなので、早めに中継ぎ投手に交代したほうがよさそう。
    373系はセントラルライナーの代走がありましたね。彼だけがJR世代で、昨秋も臨時の中山道トレインで入線しました。
    ヨ8404はウンチくさいですが清純アイドルでしたか(^◇^)
    2016年08月05日 21:04
  • しなの7号

    門鉄局様 こんばんは。
    首都圏や近畿圏の鉄道に乗ることは少ない私ですが、たまに乗って思うのは、地元名古屋の交通機関は高くて不便だということです。子どものころ、私鉄と言えば名鉄しか乗ったことがなくて、名鉄は冷房付のパノラマカーを走らせる格式高い鉄道会社に思えました。どうして名鉄球団?がないのだろうと思っていたくらいです(^◇^) 
    今では関連事業をずいぶんと切り離し、周辺線区もかなり廃止して鉄道会社としてのステータスはあまり感じなくなったのに加えて、かつての中日球場前駅(→ナゴヤ球場前駅)も山王駅に改称されてしまい、名鉄とプロ野球とはますます結びつかず、縁遠くなったように思えます。
    2016年08月05日 21:04
  • やくも3号

    連投すみません。いつも突飛なコメントにお付き合いくださりありがとうございます。
    球団を持てる企業は花形産業で、以前は電鉄がそのさいたるものだったはずですが、今やIT企業へと移り変わりましたね。
    世の中が『人が動く』から『データが動く』になりつつあることを、こういったところで実感するようになりました。
    2016年08月07日 20:05
  • しなの7号

    やくも3号様 こんばんは。
    いつも奇抜な発想のコメントありがとうございます<(*'▽')
    鉄道会社がIT化を推し進めても最後は人の手にかかるところが大きく『動く人を人が動かす』業種ですので、アナログな部分が多いですね。世の中、データが動けば人が動かなくなりそうなものですが、人は行く必要があるのか怪しい旅行や出張に行きますから、鉄道そのものはなくならないにしても、企業として割に合わなくなっていくような…
    2016年08月07日 20:36

この記事へのトラックバック

ブログ内ラベルリスト