【757】 平成29年酉年 謹賀新年:駅弁掛け紙編

新年をいかがお過ごしでしょうか。

こうして人並みに正月を迎えられることを、私はありがたく思っていますが、まったく正月に関係なくお仕事に就いておられる皆様が当然おられるわけで、ほんとうにお疲れ様でございます。【123】年末年始と乗務員で、書いたことですが、国鉄時代の11年間は、私もそういう立場でした。

いまから30年前、国鉄最後の年となる昭和62年の正月、私は元日が公休だったものの、2日~6日までは連日東海道本線のローカル列車に乗務していました。乗務列車の多くが113系で、一部が117系と新型の211系0番台。113系は2000番台以外の乗務員室はとても寒く、30代になるまではズボン下は着用せずにおこうと思っていたものの、20代のうちに寒さに負けました。

就職したころには、今のようにコンビニで弁当が簡単に入手できる時代ではなく、正月に乗務する乗務員の食糧調達には注意が必要で、年中無休の駅弁のお世話にもなりました。その後ホカ弁が少しずつ普及してきたこともあって、仕事中に駅弁のお世話になることは減っていきました。国鉄時代の乗務員の食糧事情については、【260】レチ弁で書きましたが、今回は酉年にちなんで、鶏に関係する駅弁掛け紙をご覧ください。


◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆


画像

《左》 名古屋駅 とり御飯 1976年5月11日

《右》 名古屋駅 とり御飯 1987年3月28日

上の画像は、どちらも国鉄の乗務員時代に買った名古屋駅の駅弁です。

左は、就職してすぐ、臨時雇用員として荷物列車に見習乗務したときに買ったものです。右は、それから11年後、しなの号の最終乗務が終わったあと、帰宅するときに買ったもので、【570】駅弁食べ比べ ~1987年3月国鉄最末期~で一度アップしています。


◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

画像

《左》 塩尻駅 とりめし  1977年7月26日?

《右》 塩尻駅 とり釜めし 1986年7月31日?

塩尻駅の駅弁は乗務中によく食べました。どちらも画像の掛け紙に押された調製日時を示すゴム印によるスタンプに「年」がないので、購入年がわかりません。しかも「とりめし」は7月であることはわかるものの日付が不鮮明。しかし表示された時刻(当時は消費期限の表示はなく調製時刻が表示されていた。)と、乗務日誌で毎年7月に中央~篠ノ井線を乗務した日と列車を突き合わせていくと、左は乗務掛(荷扱)時代の長野行 荷5043列車で、車内での夕食用に買ったもののようです。右は専務車掌(客扱)時代に、夜の長野発名古屋行1018Mしなの18号で、こちらも夕食用として車内販売員から買ったものと考えられます。しなの18号は、名古屋到着時刻が20時30分過ぎで、折り返しその回送編成に乗務して神領泊まりという行路でした。神領についてからだと夕食が遅すぎるので、しなの18号乗務中の空き時間に最後部の運転室内で一人さびしく、慌てて食べることが多い列車でした。どちらも夏場の例で、弁当はいたみやすいですから家から弁当を持ってくることはできず、数時間~十数時間に及ぶような長距離列車の場合は始発駅で弁当を買うか乗務中に調達するしかなかったのでした。


◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

画像

《左》 名古屋駅 鶏めし 2009年9月5日

《右》 名古屋駅 コケコッコー!チキン弁当 1994年1月15日

左右とも家族で日帰りで出かけたときに食べたもの。


◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

画像

《左》 高崎駅 鶏めし弁当  2000年10月19日

《右》 盛岡駅 特製とりめし 1996年2月4日

高崎駅の鶏めし弁当は、関東地方へ出張したときに買って食べたもの。盛岡駅の特製とりめしは東北乗り鉄のとき、盛岡駅で買ったもの。【47】鉄道あちこち訪問記4:花輪線1996.2.4で以前に登場しています。


◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

画像

《左》 小倉駅 かしわめし  1994年7月3日

《右》 折尾駅 かしわめし  1994年12月24日

どちらも九州の「かしわめし」ですが、製造元が異なり、左の方は九州乗り鉄の帰路、右の方は家族で別府へ行った帰り、買った駅は両方とも小倉駅でした。折尾駅の駅弁が小倉駅でも委託販売?されていたようで、折尾でなく小倉駅で買っています。本家の折尾駅ホームでは立ち売りが有名です。一昨年九州に行ったときに、自分が乗っていた快速列車が折尾駅で特急待避しましたので、その様子を鑑賞?できましたが、あいにくそのときには、直後に博多駅で人と待ち合わせて食事を一緒にする約束があったので、買うことができませんでした。 国鉄時代、特急以外なら当たり前に窓を開けてホームの立ち売りで買えた駅弁も、車内販売さえ珍しくなり、長時間停車する列車も少なくなっている今、折尾駅の一部の快速列車に見られる特急待避のための数分間は、車内から駅弁を購入体験できる貴重な時間だと思いました。


◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

画像

《上》 西鹿児島駅 鳥めし弁当  2000年9月1日?

《下》 横川駅 鳥もも弁当  2001年5月18日

上の西鹿児島駅(現鹿児島中央駅)の鳥めし弁当には、日付の入ったシールが保存してなかったので、日付は推定で書いています。私がこの駅を利用した日は5日ありますから、それぞれの日別に行程をたどると、駅弁を買いそうな日はこの日以外にはなさそうで、午前中に鹿児島空港から市内に入り、鹿児島市電に乗った後に昼食用としてこの弁当を買って、日豊本線の485系きりしま6号の中で食べたことになります。

西鹿児島駅の鳥めし弁当の下、鳥もも弁当は、自動車で横川碓氷峠鉄道文化むらに立ち寄った時に駅裏の国道にあったおぎのや直営のドライブインで買ったものですので、買った場所と鉄道利用でなかったという点では反則かもしれません。


◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆


と、いうことで、酉年に関係するくだらない3回シリーズはこれで終了します。

それで、拙ブログの今後の運営方針でありますが、従来どおりに「月曜日の定期列車(定期更新)」のほか、「木曜日の予定臨」も当面毎週運行のダイヤで継続します。

今年は国鉄分割民営化から30周年ということで、昨年より鉄分を少し多めにしたいと考えています。

毎月第一月曜日と、その週の木曜日は、過去にその月に出かけた撮り鉄旅と乗り鉄旅を振り返りつつ、その時の画像を紹介する「撮り鉄12か月」と「乗り鉄12か月」という記事を1年間にわたって毎月1回ずつ12回連載でアップする予定でおります。(1月だけは第3週の月・木曜日とします。)

それ以外の週では一昨年までのように、基本的に月曜日に国鉄在職中に関係した記事をアップしていく予定ですが、これまで連載した「乗務した車両」「思い出の乗務列車」「臨時列車の乗務」とか車両や列車に特定した話題ではなくエピソード的な内容中心にしたいと思っております。木曜日は例によってコレクションやら撮りためた画像から一つのテーマを決めてアップするなどカルい内容で進めます。

今年も相変わらず硬軟取り混ぜ、一貫性がないブログになりますが、今後ともよろしくお願いいたします。

そして、もう一つ。楽天広告バナーからお買い物をいただいた皆様にお礼を申し上げます。付与された楽天ポイントは旅先のホテル代や模型購入の一助として利用させていただいています。どうもありがとうございました。

今後ともご利用くださいますようよろしくお願い申し上げます。

この記事へのコメント

  • 雷鳥23号

    しなの7号様あけましておめでとうございます。今年も記事の更新を楽しみにしております。年末から夫婦そろってインフルエンザに感染してしまい、年越し準備も何もできず新年を迎えてしまいました。抵抗力の弱さを実感する今日このごろです。30年前の元旦は所属の車掌区で年越しで国鉄入社6年目にして初の年越しであったと記憶しています。現在の仕事では私の所属部署は正月は休めますが現場の方は鉄道関係同様年末年始は関係がないので頭が下がる思いです。冬の寒さについては最初の仕事がDE11の前に立って凍てつく構内を移動する仕事だったので、ズボン下は10代の頃から愛用しており乗務員になってからも手放せませんでした。特に冬場の早朝の米原や野洲出庫の行路では不可欠なアイテムでした。今年も脈略のないコメントを送信すると思いますがどうかよろしくお願いいたします。
    2017年01月03日 12:34
  • しなの7号

    雷鳥23号様 
    明けましておめでとうございます。
    正月は休養ですか。どうぞお大事に。
    齢取りますと、体力が落ちたのを実感します。昨年は私ども夫婦も病院のお世話になってます。私はたぶんこのままずっと節酒制限のままですから、今年からお正月もお酒は少しだけ(;´Д`)

    自分はもともと体力がないものですから、冬場の構内などは務まらなかったと思います。冬場、米原や中津川など寒冷地の乗り出しでは予熱されていて、早朝の寒いホームから乗ると乗務員室は暖まっていたと記憶していますが、冬季の予熱要員なんかも廃止や縮小されていったのでしょうね。どっちにしても113系だと発車するとすぐに隙間風でクソ寒い乗務員室に逆戻りしました。
    こちらも、脈絡のない記事を書くことになりますが、フォローをよろしくお願いいたします。
    2017年01月03日 13:42
  • はやたま速玉早玉

    しなの7号様、こんにちは。
    本日より2017年温泉旅第1弾をスタートさせております。特急南紀で熊野市下車、熊野の名湯『湯ノ口温泉』よりコメント致しております。荷坂峠~紀伊長島間の景色、遠くに望む紀伊長島の海、紀勢本線ナンバーワンの絶景ではないでしょうか。

    肉の中でお酒との相性ナンバーワンが鶏肉のような気がします。焼き鳥、唐揚げ、鳥刺し…お酒にバッチリ合います。そして〆に鶏飯、鶏雑炊…。牛、豚でこれほどのレパートリーは不可能です。鶏の駅弁、未体験ですが、普通に食べるも良し、呑み鉄の〆に食べるも良し、ですかね?(笑)
    2017年01月03日 16:10
  • しなの7号

    はやたま速玉早玉様 こんにちは。
    早々と温泉旅とは、結構ですねえ。
    荷坂峠も、天候が良くないとダメですが、今日あたりは快晴でしょう♪
    湯ノ口温泉には行ったことがないですが、近くにある川湯温泉の仙人風呂には浸かったことがあります。ただし昔のことで、国鉄退職前年の昭和61年のこと。そのころ湯ノ口温泉のトロッコは運行されていなかったはず。(あれば当然行く)
    私の車内食の基本は「地酒+幕の内弁当」でした。(今はスーパーの弁当持込派)
    名古屋駅の幕の内弁当にも鶏肉が入っています。齢なので、家では油物はあまり食べなくなり、肉は鶏肉が多いですよ。安いし(^◇^)
    いい旅を満喫してください。
    2017年01月03日 16:48
  • NAO

    折尾と西鹿児島のは食べたことがあります。折尾のは山陽新幹線持ち込み、西鹿児島のは全通以前の九州新幹線で昼間の30分ぐらいでかっこんだ覚えがあります。
    ファミレスのキッチンに居たとき、鶏肉の在庫がダブついて社員さんが思案されていたのですが、東京駅のチキン弁当を思い出し、チキンライスとチキンフライを日替わりランチのメニューにすればとバイトの私から進言したところ、これがヒットしまして、あっという間に在庫消化、社員さんが社内評価を受けておられました(泣)。
    2017年01月03日 20:44
  • しなの7号

    NAO様 こんばんは。
    九州出張の帰りの山陽新幹線で食べられたのは折尾のでしたか。やっぱり小倉駅の委託販売でしょうか。
    うちの父が鶏肉が食べれない人でした。生きてるのを絞めて調理する過程を見てからダメなのだそう。身近なところで、社員はダメダメでバイトさんで持ってるなあと思う会社は知ってます(^◇^)、
    2017年01月03日 21:30
  • げっそりやくも3号(清原→  )

    こんにちは。
    楽天で買い物をするときは必ず、いったんこのページのバナーを踏んでから入るようにしています

    自営業ですが、この時期が一番忙しく、年内の営業は12/31まで、新年の営業は1/1からですw
    体重は10月ごろに0.1tだったのが現在は79kgになりまして、ちょっとカッコよくなりました。身体は健康なのですが、食べる暇がなかったり、精神的にまいることがあったりすると一気に減るもんですね。

    ちょっとゆっくり旅にでも出て、駅弁食べてみたいです。
    2017年01月04日 13:15
  • しなの7号

    ゆったり改めげっそりやくも3号様
    いつもお買い上げいただき、ありがとうございます
    吹田総合車両所京都支所方面に足を向けて寝られませんね。ちなみに足は常に神領車両区方面に向けて寝ています。それにしても痩せ方が尋常ではないようでビックリです。体は正直。体が資本。ご自愛ください。
    2017年01月04日 16:24
  • ヒデヨシ

    しなの7号様おはようございます
    名古屋駅のとりめし美味しいですね
    駅西の松浦商店もよく知っています
    鶏唐揚げで有名な大分にも駅弁ありそう
    2017年01月05日 10:55
  • しなの7号

    ヒデヨシ様 こんにちは。
    名古屋の「とり御飯」は幕の内「こだま」とともに、「【260】レチ弁」で書いた駅弁利用券での国鉄就職当時の荷物列車との結び付きが、忘れられません。何回でも乗務でお世話になりましたから、味覚音痴な私でも、40年以上前の味は思い出せます。一昨年は大分駅で車内食用の弁当調達をしたのですが、駅弁より駅構内のスーパーに山積みしてあった安い弁当のほうに手が出ました。いちおう写真を撮ってきましたので、画像を確認すると、安いだけあって唐揚げはありませんでした。しかし御飯は俵状にしてあり、安物買いの自分には二重丸の弁当でした。
    2017年01月05日 14:38
  • 門鉄局

    正月の勤務で思い出したのですが、私が駅員で入った昭和末期は今ほどコンビニが普及しておらず、正月は食事をどうしようかと困ったものです。駅では米は炊けるもののおかずがなく、家からラーメン等を持参してました。今は365日営業のコンビニはもちろん今年など元旦から百貨店も営業しており隔世の感がありますね。先日20台の子にこの話をすると非常に驚かれてこちらがびっくりしました。昔の正月は静かで普段と違う一年の始まりという風情がありました。私達交通機関は仕方ないですが、お店屋さんの皆さま元旦・2日位休まれたらいかがでしょうか。そこまでして働かんといかんのか、低成長時代で給料は増えなくなっても日本人の働きぶりは相変わらず(やらされている?)ですね。各鉄道の大晦日の終夜運転もそうですが、近年利用者減で本音では止めたいと思っても他社との兼ね合い上仕方ないんですね。
     私は鶏めしと言えば東筑軒のかしわめしですね。折尾駅での立ち売りが有名ですが、隣の黒崎駅でも売ってます。駅弁としては安価なので、地元の人の昼ご飯としても売れてるみたいですよ。
    2017年01月07日 13:47
  • しなの7号

    門鉄局様 こんにちは。
    私も正月の食糧について、
    【123】年末年始と乗務員
    https://shinano7gou.seesaa.net/article/201101article_2.html
    で、書いたことがあります。昭和時代の正月とはおっしゃるようなものでした。
    今年は名古屋のデパートでも1社だけが、働き方改革の一環として1月2日だった初売りを3日からに遅らせたみたいです。名古屋でのデパート各社の売り上げは常に比較され、中京地区の経済の指標にもなっているみたいですが、数字に踊らされ利益効率至上の考えから人を重視した経営方針が進めばよいと思いますね。
    今朝、地元スーパーで駅弁イベントのチラシが入っていましたが、いかめしが650円もします。駅弁として生き残るには地元の人が普通に買って帰る気になるような内容と値段でないと、駅弁イベント用駅弁になってしまいますね。横浜のシウマイ弁当とかは、そういう意味では優等生だと思います。
    2017年01月07日 14:25
  • NAO

    折尾のかしわめしでしたね、そうです、小倉駅で買いました。そう言えば「ソニック」が折尾に停車したとき、反対側下りホーム上の立ち売りを見ました。でも現代では窓から弁当を買うなんて言っても何のことかわからいない人が多いでしょうね。
    小倉では駅前片仮名百貨店上層階にあるお店の健康ビュフェのランチが(会社の経費からハミ出ても絶対に寄るぐらい)楽しみでしたが、お昼を食べそびれたとき、せっかくなので帰路は駅弁ぐらいはと思って買ったのが東筑軒でした。
    2017年01月10日 00:49
  • しなの7号

    NAO様 こんにちは。
    実はこの企画で掛け紙を改めて見るまで、小倉駅でも折尾のかしわめしが買えるということに気付かずにいました。折尾に寄っていない日に折尾のかしわめしの掛け紙があることでやっと気が付きました。一昨年乗った鹿児島本線の快速は、下降窓が開く座席もありましたし、転換クロス車でしたからちょっと残念でした
    2017年01月10日 15:03

この記事へのトラックバック

ブログ内ラベルリスト