【760】 郵便物の消印あれこれ

昨年暮れから、私あてにいただいた約半世紀にわたる年賀状の話をしてまいりました。その保管してあったハガキの表面の消印にも、さまざまな種類がありました。

官製年賀ハガキには消印に相当するデザインが印刷されていますので、年賀郵便物取扱期間中は消印が押されないですが、切手を貼った私製ハガキには「年賀」と書かれた消印が押されます。(下の画像 左)

下の画像の右側のは、料金別納の年賀状版?なのでしょうか。お店からのダイレクトメール的年賀状でした。

画像


==========================


正月過ぎに発信された年賀状には消印が押されてきます。現在の郵便局オフィシャルサイトによると1月8日以降は消印を押すそうです。私に言わせると郵便局名が入った消印が押されていたほうが、どこから発送されたかわかるのでうれしいのですが、繁忙期の年賀郵便物取扱期間中は押印を省略して元日配達に全力投球なのでしょう。

消印には、下の例のように県名が入っている例がありますから、聞いたことがない郵便局でも、どのあたりの郵便局なのかがわかります。

画像


==========================


全国に同一駅名がいくつもあるように、郵便局の場合も事情は同じで、県名を付記して特定することが可能です。

下の画像の上2つは、岐阜県と愛知県の「坂下」郵便局。

下2つは滋賀県と愛知県の「守山」郵便局

画像

2つの「守山」を見ますと、滋賀県のほうには、県名の「滋賀」でなく旧国名「近江」が使われていて、愛知県のほうはというと「愛知・守山」ではなく、単に「守山」です。郵便局オフィシャルサイトには、滋賀県のほうは郵便局名自体が「近江守山郵便局」となっていますから、これが固有名詞ということなのでしょう。

ウィキペディアによれば、「郵便局名は基本的にはフルネームで表記されるが、特定局や簡易局で人口5万人以上の都市名・都道府県名がついていない局や、普通局で同一名称の普通局がある場合は、頭に都道府県名が表記される。」とのことです。

郵便のことはまったくわからないのですが、こうして手元にあった郵便物の消印でいろいろ思いを巡らせるのは楽しいです。


==========================


さて、年賀ハガキの消印ではこんなものがありました。

画像

西暦2000年の年賀ハガキに押されたメモリアル印(左)

その右側2つは、その翌年21世紀スタートの2001年の年賀ハガキに押された県別(愛知県と岐阜県)にデザインが異なる記念印


==========================


年賀ハガキではありませんが、私宛にいただいて保管してあったハガキの消印から。

画像

上の画像で、

左上…岐阜県の苗木郵便局の風景印 

右上…旅先の北海道からいただいたハガキの普通日付印

左下…国鉄七尾線の鉄郵印

右下…選挙印…表示される年月日は、通信日付ではなく「選挙の公示日または告示日」が印字され、時刻表示はないのだそうです。


==========================


郵便番号は、1968年(昭和43年)7月1日導入されました。当時は3桁または5桁でしたが、導入からしばらくの間、郵便番号記入についての標語入りの消印が見られました。
画像
文言も複数の種類があったのですね。こうしてまとめてみる機会がこれまでなかったので、初めて気が付きました。


==========================


郵便物の廃棄整理で、いろいろ新たな知識を得ることになりました。

この記事へのコメント

  • NAO

    こんばんは。
    消印にも様々な変遷があるのですね。郵便番号の標語が押されていると、なんだか受け取るこちらが叱られているような錯覚もありました。
    鉄道郵便消印は本線系以外にもあったのですね。郵便荷物合造車や郵便車連結の列車乗務では郵便職員さんたちとの繋がりはあったのでしょうか。郵便車にも長距離乗務があったのでしょうね。
    郵便車形式が護送便、取扱便に分かれていたのは最近まで知りませんでした。
    2017年01月12日 22:41
  • しなの7号

    NAO様 こんにちは。
    >叱られているような錯覚
    私は、小学生低学年のころテストの問題が
    「次の計算をしましょう」だったのに、高校では
    「~をせよ」「~を解け」「~求めよ」
    などと、叱られているような命令口調になっていったのが、面白くなかったです(^◇^)

    画像にある鉄郵印は、時期的に見てキハユニ26かキユニ17の車内で捺されたものと想像します。合造車スユニには乗務しましたが、鉄道郵便局乗務員とはまったく接点はありません。前後のボックスに座った乗客同士のような関係で、顔を合わすのは車両中央部にあった共用便所で鉢合わせになるときくらいでした。大切な荷物や郵便物を預かった者どうし、仕事場はお互いに聖域ですから、絶対に相互に出入りはしません。
    2017年01月13日 11:29
  • はやたま速玉早玉

    しなの7号様、こんばんは。
    本日、休日を利用して保存しているハガキを確認しました。2001年の年賀ハガキの記念印、ありました。養老の方から頂いた年賀状で、中津川の場合と同じく『合掌造り』の絵柄の消印です。当時滋賀県在住の友人から届いた2001年の年賀状には記念消印は押されておらず、記念印は地域限定だったのでしょうか。
    学生時代、友人より旅先から頂いたハガキもあり、それぞれ『高知中央』『海山』『室蘭』の消印が押されています。ちなみに『海山』は三重県北牟婁郡紀北町にある郵便局名です。また、この友人がカナダ留学している時代に頂いたハガキには『CANADA』の消印が押されていますが、その内1通は何故か『WHITEHOUSE』の消印で、さて何処から投函したのか?ハガキを頂いた当時は気にとめませんでしたが…今回疑問に思い、解明しなければいけません(笑)
    現在はSNSによる旅先からのメッセージ送信が主流です。私もLINEを利用して送信してますが、このように旅先から頂いたハガキ、見直してみるとSNSでは味わえない『人と人のダイレクトな繋がり』がありますね。
    2017年01月13日 23:01
  • しなの7号

    はやたま速玉早玉様 おはようございます。
    記憶では2001年の21世紀記念年賀消印は全国の都道府県別に図柄が違い、差出期限が限定されていたと記憶します。
    旅先からのハガキに書かれた自筆による文字、差し出された場所を示す消印、そして海外の場合は切手からも、差出人の居場所と自分宛てに書いてくれたというありがたい気持ちが伝わってきますね。
    郵便はがきは、連絡手段としての機能はいかにも前時代的ですが、SNSでは出てこない味わいを持っています。交通も移動手段としては今は格段の飛躍を遂げましたが、夜行列車や長距離の急行・普通列車などはなくなってしまい、味わいのある旅がしにくくなってきたのと似ています。と、言っても、効率第一で便利な道具に慣らされた現代人は、そういう味わいを忘れてしまった方が多いのではないかとさえ思います。
    2017年01月14日 07:43

この記事へのトラックバック

ブログ内ラベルリスト