【1006】 「犬のフン…の看板」その後(7)

愛知県春日井市内にあった看板。
設置者は愛知県動物保護管理センターとあります。犬のお巡りさんが「君!キミ!落とし物だよ」と言いながら、落としていったフンをモロにつかんだ手(前足?)をこちらに差し出しているのか!!!!!と思ったら…
k29.jpg
これは腰に吊った警棒でした。

+++++++++++++++++++

滋賀県長浜市内にあった看板。
k30.jpg

箸のような棒が2本ブッ刺されたフンかと思ってよく見ると、フンには目があって、棒のようのように見えたのは腕のようで、フン自らがかなりお怒りのご様子です。

+++++++++++++++++++

k31.jpg

上の画像で、左側は埼玉県下の某学校の肛門ではなくて校門付近にあった看板です。最初は「0」だけ字体が違うんで、「犬のフン推進校」かとも思ってしまいました。具体的にどういう活動をしているのでしょうか? 中山道歩きの途中、10年以上前の撮影ですので、現状を確認するためストリートビューで確認したら、この看板は取り外されていました。一定の効果?があったのならそれでよいことです。
その右側は長野県にある某温泉地にあった看板で、3年前の撮影です。ラミネート加工された紙製で、耐久性から考えて今はないものと思います。設置者は書いてありませんが、温泉街を対象としているようですから、ここの温泉組合みたいな組織が設置したものと思われます。

+++++++++++++++++++

下3つの掲示物はいずれも愛知県春日井市内で撮影しましたが、上から順に個人、アパート管理会社、市役所が設置したものです。
k32.jpg
看板は立派かどうかという観点ではなく訴えかけてくる力の大小が重要で、そういう意味では役所設置の看板には限界があるように思えます。
フン害を断つのであれば、犬を連れて歩くことを禁止すれば手っ取り早いわけですが、役所としては道路や公園に犬を連れて入るなとは言えません。
k33.jpg

自治体が管理している公園では、芝生へ入るなくらいのことなら書けます。(愛知県小牧市内の公園)
神社となると、敷地そのものに犬を連れて入ることを禁止してしまうこともあるようです。(愛知県尾張旭市内の神社)

+++++++++++++++++++

次の画像は、いずれも犬の侵入を禁止する看板や表示です。
k34.jpg

左から順にコメントします。
1「犬を入れないで。」
 公道に面した私有地にあった看板で、静岡市清水区内で撮影しました。形状や文言はオーソドックスな印象を持ちます。

2「犬を入れぬな」
 地面のコンクリート部分に直接ペイントされた表示で、これは以前にもアップした画像の再掲で、埼玉県熊谷市内での撮影です。以下のコメントは初出記事のコピペです。
「犬を敷地に入れないでくれと意図は十分通じるのですが、「ぬ」で否定し「な」で禁止するという無謀なお言葉。よく考えると、犬を絶対いれなくちゃいけないみたいに思えるのですが???  まさか、方言か???」

3「この、道に犬を入れるな」
この掲示物があった場所は三重県尾鷲市内で、両側に家並みが続き舗装された公道と思われる道路上の電柱に縛り付けてありました。

4「犬の立入り禁止」
看板の後ろには線路があるのがお判りいただけると思いますが、岐阜県本巣市内の某鉄道の車両基地にあった看板です。なぜか看板の下に停止目標があるのですが、私の想像としては不要になった〇標を支柱ごと地面から抜いて、そのままこの看板を括り付けて再利用したものかと思います。それにしても人でも入れないはずの鉄道用地に、なぜに犬の立入りだけを禁止する??? 鉄ヲタとしては、犬連れでなければ構内に入って撮影してもいいのかとツッコミたくなるわけです。

+++++++++++++++++++

最後に滋賀県長浜市内にあった看板と掲示を
k35.jpg


右の上下2枚の掲示は公共駐車場にある公衆トイレ入口の壁面に貼られていました。公衆トイレで犬にフンをさせ放置する人がいるのでしょうか? あるいは、路上で犬がした糞をその場からは処理するが、それをこのトイレに捨てていくのか? いやいや案外、トイレの個室が満室で、やむを得ず入口付近に放置された人糞かもしれません。うちの近くに、木立のなかを堤防に上る階段があるのですが、以前は犬のものとは思えない立派なのを2度見たことがありましたが、昨年になって周囲の木々が伐採されて見通しが良くなってからは、見かけなくなりました。右側画像の下にある掲示は、トイレットペーパー盗難防止の内容です。左右の看板のいずれにも「防犯カメラ」の文言が出てきますが、この公衆トイレの個室内にはカメラがあるのかな??? 関係ないすべての人が「防犯カメラ」に怯えなけてばならなくなった今の世の中には疑問を感じますが、近年は条例云々とか書くより「防犯カメラ作動中」と書いた方がよほど効果的なのも事実です。私も自動車の後方にもドライブレコーダーのカメラを付けるとともに、「録画中」のステッカーを貼って自己防衛をしています。

ということで、犬糞看板の連載はとりあえず今回で終わります。次回は今年の締めくくり記事となりますが、そういう方向の掲示物の画像をアップします。

この記事へのコメント

  • やくも3号

    しなの7号様 こんばんは。
    (証明)
    「犬を入れるな」=関西弁で「犬を入れんな」…①
    「犬を入れぬ+な」=関西弁で「犬を入れん+な」…②
    よって①②より
    「犬を入れるな」=「犬を入れぬな」
    (証明終)
    2019年12月21日 21:29
  • しなの7号

    やくも3号様 こんばんは。
    方言説ですね。

    「犬を入れぬ+な」
    「ナ」は貨車の活魚車を意味します。
    活魚車は、お魚さんを入れる車両(見たことないけど…)ですから、「犬を入れぬな」とは「犬を入れない活魚車」という意味にもとれるじゃないかという説…

    そういえば貨車の犬運車ってないですね。犬は家畜車(カ)で運ぶことができるかどうかわかりませんが、そうすれば「犬を入れるか」となる。
    2019年12月21日 22:17
  • やくも3号

    犬は車掌室で運びましょう。
    「犬を入れるヨ」

    犬のフンはヨ8404…
    2019年12月21日 23:05
  • しなの7号

    やくも3号様 こんにちは。
    お見事! 私がかつて犬のようにマーカーを付けておいたヨ8404をご記憶いただいているとは思いませんでした。今となっては自分が乗務した数少ない国鉄車両ですので、ヨ8000の姿を見れば、必ずナンバーに目が向きます。先月は名古屋貨物ターミナルの一般公開があり、その中でDD51+ヨ8000×3という編成での構内見学ツアー列車?が運転されましたので、そこで再会できるか少しばかり期待して出かけたのですが、使用されたのは別の車両で、あの8404に出会う機会はずっとないままです。

    ヨ8000は冬場に水の凍結防止のため水タンクの水を抜くのでトイレは使用停止になりますから、
    「車運車+操重車+客車型自重40トンの配給車+活魚車+車掌車」
    (貨車の積載重量は10トンとする)
    2019年12月22日 10:17
  • なはっこ

    犬のフン禁止掲示の写真を撮りましたが、コメント欄で貼り付けることはできますでしょうか?いろいろ調べましたが、分からず、ご教示いただければ幸いです。
    2020年01月13日 16:23
  • しなの7号

    コメントに画像添付はできないと思います。
    申し訳ございません。どこかの画像掲示板にアップしていただければ拝見しに行きます。

    【1004】の記事に対するコメント欄でやくも3号様からご教示いただいたメーカー様のサイト( h ttp://www.kk-mark.com/pdf/office.pdf)にある製品であれば、「〇ページにある○○○○と同じデザイン」の要領でコメントに書いてくだされば、ご覧になった看板は特定可能ではあります。
    2020年01月13日 17:06

この記事へのトラックバック

ブログ内ラベルリスト