【1415】 側線との‘ゆかり’ こぼれ話

「側線との‘ゆかり’」について、設定や使用した画像について読者様が疑問に思われたかもしれない点などを雑談的にご紹介していきます。

◆国鉄多明線のルート設定について
 架空の国鉄多明線は、昭和50年代に数少ない本数の気動車列車に混じって日中1往復の貨物列車があった国鉄明知線程度の規模のローカル線を想定しました。
j12-3.jpg
この車内乗車券は第12話に貼った画像で、国鉄樽見線の線内着発限定で使用されていた車内片道乗車券の様式をそのまま利用して作りました。この乗車券の駅名から、多明線のルートを想像された方がおられたかもしれません。ルートはJR中央本線多治見を起点にして東濃鉄道旧笠原線のルートを通り、そこから同鉄道旧駄知線の下石駅付近に出て、駄知線ルートに沿ってそのまま地形まかせに国鉄明知駅方面に向けて延長した終点を志野原としました。美濃織部は旧駄知線下石駅付近になりましょうか。終点志野原と美濃織部の駅名は、美濃焼である志野と織部から取りました。樽見鉄道には織部駅が実在しますが関係がありません。ところで、下の画像は多明線内車内乗車券のモトとなった国鉄樽見線の車内乗車券です。
s-DSC02803.jpg
織部駅は第三セクター転換後に設けられた新駅ですので、国鉄時代の乗車券に、その駅名はありません。

◆入換作業中の人形について
 第2話にこんな画像を掲載しました。
j02-2.jpg
手旗を持った既製品の人形が配置されています。この図は自分の列車掛時代に重なるもので、人形は左右の手に絞った状態のフライキ(手旗)を持っています。左手には緑色旗を絞ったまま高く上げています。実際には緑色旗は右手に持って作業をしましたから不自然な気が。。。。 この画像は酒を積んだ貨車に連結する場面ですから「僅少の進退をせよ」という入換合図をしているはずで、それなら「赤色旗を絞って片手に持ったまま、これを頭上に動かしながら、もう片方の手に持った緑色旗を左右に動かす」動作になります。気が付いてしまうと、不自然さが気になって仕方ない人形です。だいたい緑色旗を絞って高く掲げる入換合図ってありましたかね??? まあ、左利きの人がホームにいる駅員と1番線の進路要求の入換通告合図をしてるところに見えなくもない。。。しかし絞ったままとは言っても緑色旗だけを動かす動作は、機関車が動きそうで恐ろしいですから、左利きでも赤色旗を持った右手で通告してほしいものです。(規則を見たら合図方式は「片手で」という書き方なので左右特定はされていないみたいでした。)

◆国鉄多明線の列車ダイヤについて
 連載を始めてから、国鉄多明線の列車ダイヤを作りたいとの申し出が読者様からあったので、話の内容に条件を合わせて作っていただきました。その一部(6時~10時30分まで)を第8話にアップしましたが、ちゃんと24時間作っていただいたので、日中の貨物列車が走るお昼前後の時間帯のダイヤもアップしておきます。
s-ダイヤ2.jpg
貨物列車の美濃織部入換作業終了後、対向の旅客列車が志野原を発車するようになっています。その旅客列車が到着するまでの時間に、機関士と車掌は慌てて「かとう食堂」で生姜焼定食を食べていたわけです。

◆陶都縦貫鉄道のキハ11の塗装について
 気色悪い?紫っぽいラインが入っていますが、これは画像処理によるものです。
s-DSC01619.jpg
実際に大切な模型をこんな色に塗り替える勇気は私にはございません。

◆陶都縦貫鉄道本社玄関画像について
 第16話に下のような陶都縦貫鉄道本社玄関の画像をアップしました。
j16-1.jpg
これは、旧三木鉄道株式会社の本社玄関の画像の画像を加工したものです。
s-P3050100.jpg



◆「千寿乃泉」のラベル
 本編で注釈をつけましたように、本物の日本酒ラベルの画像に手を加えて作ったものです。
s-s-raberu.jpg


下がもとのラベルです。すべて岐阜県東濃地方の酒蔵さんのラベルを使用しました。
s-s-raberu2.jpg


◆仕込みの画像について
 私は以前に「清酒ん18きっぷの旅」を職場の同僚3人でやっておりましたので、その旅の中で、ある酒蔵を見学させていた折に、女性杜氏さんから酒造りについて直接お話をお伺いしたことがあります。その杜氏さんは、素人の私どもに対してそれは丁寧にご説明ご案内をしてくださいました。このとき仕込み中の醪を櫂棒で攪拌する体験をさせていただきました。
j09-3.jpg
第9話で使用したこの画像は、そのとき同行者が撮影したもので、人物は管理人自身であったりします。

◆加藤酒造店の家族の名前
 加藤由香
 加藤宗春(由香の夫)
 加藤正一(宗春・由香の子)
 加藤由梨(正一の妹で次代杜氏となる)
 加藤幸成(由香の父で加藤酒造店先代当主)
由香と正一以外は、ほとんど登場しませんが、宗春は第19話で直接坂下と話をする場面があり、名前はその前にも第11話のなかで結婚挨拶状の差出人として、この名前が出てきます。由梨の名前は第19話の坂下との会話の中に1回だけ出てきますが、物語では側線上で坂下の列車を見送る正一と由香の隣に置かれた青いベビーカーに乗せられている設定になっています。
j14-1.jpg
由香の父である幸成は、第10話で、由香の話の中でのやり取りが出てきますが、名前は第5話で坂下が由香からもらった酒のラベルに印刷されていたことを書いただけです。(この記事のラベルにも名前は入れてあります。)
どうでもいいことばかりですが、宗春と正一の最初の1字を取ると日本酒の銘柄に多く使われる「正宗」となります。そして「側線との‘ゆかり’」というタイトルは物語を書き終えた後に付けたもので、「縁」すなわち「ゆかり」ということで由香・由梨に掛けています。親子4人の名前の一文字ずつ入れた「由梨正宗」と名付けた新酒で由梨が杜氏デビューするという構想もありましたが、それは没になりました。

◆前回の「【1414】側線との‘ゆかり’ あとがき」をアップしてから、私のもとに宅配で日本酒が届きました。
送付元は古くからの読者様でした。
s-DSC02837.jpg
すっぴんるみ子の酒 9号酵母 伊勢錦(特別純米無濾過生原酒)
合名会社 森喜酒造場醸
それも、森喜るみ子さんのサイン入りです。ひぇ~~。ビックリしますね・・・驚きますけど。。。
森喜るみ子さんは、家業であった酒蔵を継ぎ、地方からの出稼ぎによる酒造りからの転換期に杜氏となられた、つまり加藤由香のイメージにそうとう近い方です。
森喜酒造場のオフィシャルサイト↓
https://morikishuzo.co.jp/natsuko/index.html
拝見すると、杜氏になられた経緯などが書かれています。お名前と経歴は以前からよく存じていますが、蔵元さんを訪問したことはなく面識もありません。現在の杜氏は別の女性がお務めで、るみ子さんは同社専務の職に就かれているようですが、なんと娘さんも蔵人としてお務めとのこと。いずれは加藤由香・由梨のように親子2代の女性杜氏さんの誕生となるのでしょう。
新日本酒紀行「るみ子の酒」↓(ダイヤモンドオンライン記事)
https://diamond.jp/articles/-/256730?page=2

お酒とともにいただいたサイン入りラベルは、お送りくださった読者様が蔵元さんまでわざわざ出向いて、お願いして書いていただいたとのことでした。その読者様には改めてこの場をお借りしてお礼申し上げます。これを書いている時点では、まだ冷蔵庫に保管中ですが、こだわりの純米無濾過生原酒、開封が楽しみです。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

ブログ内ラベルリスト